マダガスカル木彫りオブジェ レムール

マダガスカル木彫りオブジェ レムール

マダガスカルのワオキツネザル、レムール

マダガスカル南部の小さな集落、ラヌマインティ村では、バオバブ、三角ヤシの群生やカエンボクなどのめずらしい植物や、野生のワオキツネザルに出会うことができます。

ワオキツネザル(レムール)

野生のワオキツネザル(レムール)

この集落の人たちは、元々製炭や農業をして生活してきました。
製炭には、約30kg入りの炭袋1つに対し約180kgの木材を要します。
そのため、自然林、自然環境への負担が懸念されました。
自然林を守るため、日本のボランティア団体サザンクロスジャパンは使用資源量が少なく、付加価値の高い製品として木彫りを彼らに提案しました。デザインは集落の人たちが考え、つくりだしたもので、彼らの感性がにじみ出る味のある木彫りとなりました。

炭1袋(約30kg入り)は3000アリアリ(約150円)で卸される一方、同額の木彫りに要する原材料は平均で88g、木炭との比率にして約0.005%でした。
材料には伐採、運搬、乾燥に労力と時間を要する生木ではなく、軽くてすぐに使える枯木を利用するので、自然林への負荷もかかりません。

今では、木彫りは村の主な生業の収入の2位になりました。

マダガスカル南部ラヌマインティ村の人々

木彫りのオブジェを作る人々

経済的なゆとりは、暮らしに豊かさとゆとりをもたらします。
それが子供の教育や自然環境への関心へとつながります。
サザンクロスジャパンによる「子供の森プロジェクト」活動の成果もあり、森の資源を使う一方だった社会に、森を守り育てるという新しい文化の芽生えが見え始めました。
わたしたちはサザンクロスジャパンの取り組みに賛同し、マダガスカルの小さな集落の手仕事や自然を尊重しながら、日常を少しなごやかにしてくれる木彫りをみなさまにお届けしたいと活動しています。
ひとつひとつ手作りなので、表情がみなそれぞれです。

マダガスカル木彫りオブジェ レムール

材質:コミフォラ
マダガスカル製

どれも表情豊かでとても可愛らしい仕上がりです。顔や模様は焼いて描かれています。

マダガスカル木彫りオブジェ レムール

材質:コミフォラ
マダガスカル製

尾に黒と白の輪模様があり、尾先は必ず黒色になっているのが特徴のレムール(キツネザル)。
しっぽは組み立て式。好きな方向に差し込んでください。
微笑みかけてくれているような表情にほっこりします。

マダガスカル木彫りオブジェ レムール
価格:660円(税込)送料別
本体サイズ(組立後):縦 6 × 横 6 × 幅 1.6 cm(約)
内容:本体 1 個
材質:コミフォラ
マダガスカル製

※手作りです。記載サイズは目安となります。

ご注文は商品一覧よりお願いします。↓

https://midori-fairtrade.com/item/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。